トップページ  /  ギフト券  /  残念賞  /  用意  /  全員  /  選択肢  /  サイトマップ

二次会景品を探す

激安の二次会景品を用意する

楽しめる二次会にする方法 二次会の景品といえば、少し高額でいいものをイメージする人が多くおられると思います。
しかし、高額なものではなくても、激安のものもいくつか準備しておくのもとてもいい方法なのです。

激安

激安のものであれば、たくさん購入をすることができます。そのため、二次会に参加をしている人全員分の景品を買うことができるのです。

たとえば、安いお菓子であったり、ちょっとした雑貨などです。
ただ、ビンゴゲームなどに優勝をした人にだけ高額な景品を用意するだけでは、大半の人は何ももらうことができないのです。

せっかく二次会に来てくれているのですから、できるだけみんなが何かをもらって帰ることができるようにしたほうが、
二次会の雰囲気もよくなりますし、みんなが楽しむことができるのです。

景品は、高額なものだけでなくてもいいのです。
激安なものであっても、何か準備をしてくれているというだけでとても嬉しいものなのです。
二次会には、ちょっとした景品を準備することもおすすめします。

みんなに配れる

 

二次会の内容で費用に差は出る?負担減のためのゲストの出欠確認のコツ

二次会の内容によって、かかる費用は大きく異なります。
逆にいうと、二次会の雰囲気を大きく左右するのは、その会にいくら費用かけるかにある、とも言えます。

なお、二次会の収支については最終的にプラスマイナスゼロとなるよう設定しておくのが一般的です。
つまり、最終的に赤字とならないようにするためにはしっかりと予算を立てたうえで計画を練ることが重要です。

ゲストの回避による収入と演出などの必要な支出を見越したうえで計画を立てていきましょう。
その際の負担を減らすためのポイントとして注意すべきなのが出欠確認です。

一般的なスケジュールは会場を決めてからゲストへ招待状を送る、というものになりますが事前にある程度の出欠のリサーチはしておくべきです。
そのリサーチの結果として分かった参加人数の概算によって、はじめて予算の目安が見えてくるためです。

ただ、事前にしっかりと調査したうえで計画を立てても、予定外の避けることのできないハプニングはいくらでも起こります。
手間をかけて出血してくれることを確認できていたはずの人が、突然欠席する人が出てくることも残念ながら多いです。
それゆえに、最終的な費用の無駄な負担を減らすためには可能であれば事前リサーチで把握できた、あるいは予想される参加人数に対して招待状の返信を参考とした少し少なめの人数、さらにはもう一声少なめの人数を想定した3段階の予算で二次会を組み立てておくのが理想です。

 

Copyright(c) 2018 二次会景品Inc. All Rights Reserved.